静電気の防止・界面活性剤の応用はおまかせください。貴社のご要望に応じた商品を開発します。

樹脂練込型帯電防止剤(詳細)

スチレン系樹脂用帯電防止剤(アンチスタ 80FS)

 
製品ポイント
アンチスタ80FSは、水分子と水素結合しやすい塩基性窒素原子と活性水素原子を分子中に持っているため、ポリスチレン・AS樹脂・ABS樹脂などのスチレン系樹脂の練り込み型帯電防止剤として、少量の添加で持続性のある帯電防止効果を発揮します。 また、使用に際しては形状が粉体であるため作業性がよく、他の添加剤、例えば着色剤、安定剤などと同時に添加・混合することが可能であり、加工性を阻害しません。 アンチスタ80FSは、優れた熱安定性を有し、繰り返しの熱履歴に対しても樹脂の着色を引き起こさず、またポリスチレン・AS樹脂等の透明性を阻害しないなど、帯電防止剤として必要なすべての性能を具有しています。 尚、アンチスタ80FSは、PL規格に登録されています。
 
性状
  1. 外  観:白色粒状
  2. イオン性:特殊カチオン
  3. 融  点:71~74℃
 
標準添加量
ポリスチレン・AS樹脂・ABS樹脂とも1.0~1.5%
 
性能
樹 脂 帯電防止剤 添加量(%) 表面抵抗値(Ω) 半減期(sec)
ポリスチレン(GP) ブランク >1016
アンチスタ80ABS 1.0 5.4×1012 3.8
ポリスチレン(HI) ブランク >1016
アンチスタ80ABS 1.0 3.2×1012 0.9
AS樹脂 ブランク >1016
アンチスタ80ABS 1.0 5.4×1012 1.2
ABS樹脂 ブランク >1016
アンチスタ80ABS 1.0 3.2×1012 0.9

測定条件:25℃ 49% R.H.
荷姿:10kg ダンボール入り

 

SDSはこちら

アンチスタ 802D

 
製品ポイント
 
主用途
 
使用方法及び取り扱い上の注意
 
性能
 

SDSはこちら


PAGE TOP